横浜市保土ヶ谷区和田町のおざき小児科

・・・お知らせ・・・
NEWS

感染症状況

イッフルエンザ感染症はほぼ見られなくなりました。
 
 
小児の新型コロナウイルス感染症は小学校高学年~中学生に増加しつつあります。
 
 
ご両親の感染有無も(症状があれば)検査可能です。
 
 
 
咳嗽(喘鳴を伴う)、発熱などの症状でRSウイルス(またはヒトメタニューモウイルス)と思われる
感染症がみられます。
マイコプラズマ感染症(気管支炎~肺炎?)が増加傾向です。
溶連菌感染症は減少傾向です。
手足口病が流行しています。
 
 
花粉症の症状の強い方は舌下免疫療法もありますので、ご相談ください
      (スギ、ダニによるアレルギー性鼻炎)
  スギ花粉の舌下免疫療法は花粉飛散時期を過ぎてから(6月以降)開始しましょう。
 
 ※夜尿症でお悩みの方はご相談ください。(6歳以上で薬物療法があります)
 ※便秘のご相談もお受けしております。(薬物療法あり)
PCサイトへ