お知らせ

感染症状況

イッフルエンザ感染症(B型)はほぼ見られなくなりました。。
インフルエンザA型が再度見られましたが、インフルエンザは収束に向かっていると思われます。。
 
小児の新型コロナウイルス感染症はかなり減少しました。
 
インフルエンザ・COVID-19 抗原同時検査が可能です。
 
ご両親の感染有無も(症状があれば)検査可能です。
 
溶連菌感染症が少し見られます。
 
 
 
スギ花粉の飛散は終盤に入っています。ヒノキの飛散に代わりつつあります。
風の強い日は花粉の飛散が多くなります。
抗アレルギー剤の処方が可能です。
目のかゆみがある場合点眼薬も処方します。
 
ご両親の抗アレルギー剤の処方も可能です
 
 
 
 花粉症の症状の強い方は舌下免疫療法もありますので、ご相談ください
      (スギ、ダニによるアレルギー性鼻炎)
  スギ花粉の舌下免疫療法は花粉飛散時期を過ぎてから開始しましょう。
 
 ※夜尿症でお悩みの方はご相談ください。(6歳以上で薬物療法があります)
 ※便秘のご相談もお受けしております。(薬物療法あり)
PCサイトへ